前回のお話はこちら↓




3FCEF3F1-E731-4680-9271-BF02785BDD2F
46C30F4D-6584-4624-A04F-85C128D481CA
6A1BFF32-D4F9-4422-B68F-C417056EFC8F
C35D83FC-026C-4665-99B9-2DDAA0FB0660
53505963-AD7B-4330-BE4D-3665DA096CB7
A1E2650E-19B8-4897-A7C9-33A6963D8A31

泣いたら鳴いてお知らせしてくれていたあん三郎でしたが やはり警戒心が強めなので触らせることは許さずでした。

でも息子が歩くようになりちょっと人間らしさが出たくらいからお昼寝していると上に乗るようになりました。あったかいもんね。くっつきたくなるのも分かる気がします。冬だったしね。
当時あん三郎は3.5kgくらい。対して息子は平均よりも大きめでその頃には12kgあったので全く気にせず寝てました。 まあ思いっきり乗ってはいなかったので大丈夫かなと様子を見ていました。わざわざ踏みつけて起こしたりもなかったですね。みんなで休憩できる幸せな時間でした。

ちなみに写真のこのあとはあん三郎だけ素早く移動します。

つづきはこちら↓



あん三郎の警戒心が強い理由はこのお話でどうぞ↓



動き出した所から読みたい時はこちら↓



ランキング参加中です!
よろしくお願いします!

にほんブログ村 猫ブログ 猫絵・猫漫画へ
にほんブログ村


Twitterでもブログの更新お知らせしています!



LINEで更新のお知らせを受け取りたい方はこちらからどうぞ↓